プリントTシャツ方法の確認

Tシャツのプリントとと言ってもいろいろなプリント方法があります。プリント方法によっては仕上がりも変わり価格も違います。ここでは4つのプリント方法を紹介します。

プリント種類 メリット 使用
色数
使用
生地
版下
シルクスクリーン
プリント
洗濯しても色が落ちにくく耐性があり一度版を作れば同じものが何枚でも印刷できるため大量印刷に向いている。 必要
熱転写プリント 版を制作するわけではないので、複雑なデザインの再現性が高いので、写真や多色などもプリント可能。 不要
インクジェット
プリント
デザインがゴワゴワせず、柔らかく仕上がりグラデーションのフルカラーのプリントが可能。 不要
昇華プリント 通気性に速乾性に優れており、プリントしてから縫製可能のため全面プリントや特注製作が可能。 不要





一般的に使用されている方法は「シルクスクリーンプリント」です。ラメやゴールド/シルバーインクも使用でき枚数が多いことで1枚の価格も抑えることができます。
しかし1色ごとに版下が必要な為、少枚数や多色デザインを使用したい場合は他のプリント方法がお勧めです。

小枚数や多色使用したい場合は「転写プリント」「インクジェット」や「昇華プリント」など版代が必要のないので候補の1つと考えておくのも良いでしょう。
メリットとしては1枚から作成可能ですので小枚数の場合お得に作成できます。
特に現在では公式のスポーツユニフォームなどでは「昇華プリント」が特に使用されていますが素材がポリエステル素材のみとなりなります。 「転写プリント」「インクジェット」一部の綿素材には対応していますナイロン素材には不向きです。又、上記3種類のプリント方法の場合、ラメやゴールド/シルバーの表現ができないのが問題です。
それぞれプリント方法を確認した上で自分に的確な業者を選びましょう。



投稿日:2016年12月13日 更新日:

Copyright© ゲットユニフォーム , 2016 AllRights Reserved