ウェアアイテム生地の種類

カット(縫製)&ソー(縫う)の連語として生まれたカットソーは、ニット地を裁断して縫製した製品の総称です。セーターなどとは違い、ニット生地を織物のように縫って製品にした、いわゆるTシャツやスウェット類などに適応されます。

天竺(生地素材)天竺 よこ編みの最も基本的な編組織で正式名称は平編みですが、天竺の俗称で呼ばれています。編地は薄く、広範囲に使用されています。表側の編目はV字型に、裏側の編目は半円状に見え、表裏の外観が異なるのが特徴です。
フライス(生地素材)フライス よこ編みの基本編組織の一つで、フライスの俗称が使用されています。表目の編目のたての列(ウェール)と裏目の編目のたての列が交互に配列され、名前のとおりよこ方向に伸縮性があるのが特徴です。
裏毛(別名:パイル) 3種類の糸を用いて専用の編機で編みます。表側は表糸で覆われ、平編みと同じきれいな外観が特徴です。




裏起毛 裏毛編の裏側を起毛させたもの。起毛することにより太い糸が毛羽立ち、柔らかく、暖かみのある手触りが特徴です。
鹿の子 平編みにタックを応用した変化組織で数種類の編組織があります。編地に鹿の子状の細かい隆起があり、平編に比較してよこ方向の伸びが少ないのが特徴です。おもにポロシャツによく使われます。
ハニカムメッシュ ポリエステル100%で薄く、軽く、速乾性に優れています。メッシュの細かい凹凸や透け感は見た目も、さらっとした着心地や通気性の良さを感じさせます。




ポリエステルメッシュ ポリエステル100%で薄く、軽く、速乾性に優れています。メッシュの細かい凹凸や透け感は見た目も、さらっとした着心地や通気性の良さを感じさせます。
ダンボールニット 表面糸、裏面糸、両者をつなぐ中糸の3種類の糸で編地が作られます。編地は厚みがあっても、柔らかく、軽いのが特徴です。表糸と裏糸の両方の素材が楽しめます。




投稿日:2016年12月14日 更新日:

Copyright© ゲットユニフォーム , 2016 AllRights Reserved